<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

25日。クリスマス。

ってもう今日は27日。今朝は道路わきに役目の終わったツリーが捨てられているのを発見!
ちょっと侘び寂び感じた朝でした。

ま、家のノエルに、よろしければもう少しお付き合いくださいませ...

MORE
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-29 07:50 | 日常生活  

ノエルがあけは平和なOffice。

夕べ遠くに住む親友から電話。
なので今日は25日の模様を書く予定だったのですが、変更。

すごく久しぶり!うれしかった。びっくりした。
どんな風に暮らしてるの?仕事してるの?大丈夫?

...普通です。というかそりゃいろいろ違うこともあるけれど、ひとつの国でもスタイルいろいろ、ま、国が違えばそりゃ当たり前だと思ってやっているので。私自体はあんまり変わらないです。

仕事...まあ、好きでやっている事ですのでやっぱり私の基本スタンスやスタイルは変わりません。フランス語のせいおかげで効率が落ちるけれど。

クリスマス明けのオフィスは静かなのであまりよい例ではありませんけど昨日はたとえばこんな感じでした。
私は早番で早朝出社。
きっと一日平和にプロジェクトに集中できる、と思いきや、朝っぱらからドイツオフィスから電話。

何か緊急事態か??と思いつつドキドキ電話を取ると、
「MIMI!クリスマスおめでとう!!」
ドイツ人のヨハン。何度かプロジェクトのために電話でやり取りをしているのですが、
一度も会ったことありません。なんかBlogみたいですね。
どんなクリスマスを過ごしたか、ドイツは寒いぜ、MIMIは休暇とるのか、僕は明日から休みだ、是非ドイツに遊びにこい、などなどドイツ語なまりの英語でまくし立て、
「それじゃあね!よいお年を!」とさわやかにきられました。

...それだけかい?朝の8時前だよ、別に用事は無かったのかい? 朝からドキドキして余計なエネルギーを使ってしまった。思わず独りでため息。
ま、このように挨拶してくれる、気のいい人です。会ったこと無いけど。

しばらくして同僚のピエールアラン(結構かっこいい)、出社。
「MIMI見てよ、」いきなりズボンのすそをめくり上げる彼。
おおお~い、何をするんだ、いきなり。お姉さん(ちょっとずうずうしいか)ドキドキしちゃうよ~。
「これ、サンタにもらった。」
見ると靴下に「MONDAY」という刺繍が。
7足セットの靴下で各自曜日が刺繍してあるのだそう。いいなあ。いいなあ。
彼は一日、ご機嫌で会う人々に自分の膝下を見せていました。

そして上司のカロリーン。2人のの可愛い子供がいて、よく電話で「ままでちゅよ~」と話しています。話もしょっちゅう子供ネタ。「うちの子、今年から小学校なの、もうたいへーん」。とか。
でもしょっちゅうケーキとか焼いてきてくれるんです。

うちののチームの後の人たちは皆お休み。いつもはこの3倍、騒がしい。
へ、平和だ。静かだ。気味が悪い。

カルチャーショック?はないとは言いません。
話し方(って言うか言語自体)違うし、文化違うし、微妙なやり取りや冗談など、理解できないこともいっぱい。
でもね、ためしに名前を貴方の知っている人に変えてみて? こういう人たち、どこの国にも結構いたりしません??(私の周りには、いた)。言い方や行動は違っても、基本は一緒です。 自分の社会の役割を果たして、家庭を築いて、日々、試行錯誤しつつ生活しているのですから。

さて、
お昼は部署が変わってしまった元同僚、サンドリ‐ンと。彼女は部署が変わったばかりで休暇がとれないの...と悲しそうにしていたので、お昼に誘ったのでした。
2人ともノエルの後遺症で胃がもたれていたので、重くないのがいいな~じゃあサラダと塩味のさっぱりタルトは?
同僚は皆おいしいところを知っているのです。さすが。私が頼んだカニとトマトのタルト、絶品!でした。また行こう。

以下は昼ご飯中の会話。

MIMI、そういえばフランスに来て、そろそろ1年じゃない?
...そうだった、すっかり忘れてた。バタバタしてる間に1年たってしまった!
いやあ、いろいろあった1年でした。もうだめつかれた~というときもあれば(ってまだしょっちゅうだけどさ)、ああ、パリって捨てたモンじゃないわ。いいところじゃない、ということもあり。

言葉の壁は厚いし、まだまだいろいろあるけれど、漸く自分のここでのスタイルが出来てきた気はするかな。こうやって気の会う仲間が出来て、居場所が出来て、やっと普通の生活になってきたと言うところかなあ。
まだまだ先は長いので、息切れしないようにしないと。

ということを簡潔に述べ、それじゃあ乾杯、と水でカンパイ!

こうやって新しい国に馴染んでいくのねえ。
とサンドリーン。
彼女のだんな様はロシア人なのです。だからなのでしょうね、言葉が不自由な私にも、何時もすごく丁寧に受け答えしてくれる、天使のようなフランス人同僚。 超個人主義!で、おもわずため息出ることも多いけれど、こういう人も、いるのですよ。だから、大丈夫。


Kちゃんも、心配してくれて、ありがとう!

私、弱音はどこにいてもギャーギャーはくし、うれしいことはうふふと喜ぶ。どこの国でも、いいこと大変なことはあるよね、人間だもの。 だからこそいつでも自分のスタイルでいければ、結局大丈夫なのだから。と思うのよ。
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-28 07:30  

クリスマスイヴ

アメリカでも、フランスでも、イギリスでも、クリスチャンが多数を占める国ではクリスマスは大切な家族の時間ですね。

ということで、今まで私は家人とクリスマスを過ごしたことがありませーん。なぜなら彼は毎年、フランスに帰り家族と、私はよそのカップルたちを横目に黙々と仕事をこなしていたからでありま~す。

今回こそ!恋人同士の甘い時間。。。。ではないけれど、温かい時間を過ごさせていただきました。

実はソレまでが結構忙しいんだけれど(笑)。

そんなノエルの模様を、今はまっているアメリカのTVシリーズ、「24Hours」方式でお送りいたします。
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-27 07:30 | 日常生活  

Very Merry Christmas

今、家人の実家より帰宅しました。
いろいろな人たちとお話をして、温かい時間を過ごした週末でした。
その状況は明日にでもUPしたいとおもいます(PC,確保できるかなあ?今、家人との競争が激しくて使用出来る確立が実に少ないのです、とほほ)。
とりあえず、皆様にメリークリスマス!

明日は早番。なので今日は、寝かせてね(笑)。
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-26 07:11 | つぶやき  

週末、お昼ごはん。

さあ、ノエル大詰めの今週。会社でもヴァカンスの人が出始め、静かになってきました。
しかし私は年末年始も出ます。今年はノエルも正月も週末。か、かみさまのいじわる...
でも、いいや。オフィスが静かなうちに熱中していろいろやっちゃおーっと。と今から計画中。うふふ。

さて、周りの皆がプレゼント調達に駆け回る週末、私はある方とお昼ごはんを頂く機会に恵まれました。
それは”Telle une parisienne”のEmiさん。巴里に住まわれて5年目になるパティシエールさんです。

彼女には彼女の知らないところで実にお世話になっていたのです。
巴里に来て間もない2月末。
やっと新しい住居のネット環境が整って、たしか「せっかく巴里にいるし、パン屋さんめぐりでもしよう」と思い立ち、検索してめぐり合ったのが彼女のブログでした。
そのころは”4年目のパリ”というタイトルで、私は1年目までさかのぼり、数時間かけて一気に読んだのでした。
それ以来、納得いかないこと、「これってどうかね」ということや落ち込んだときなど、ありとあらゆる場面で彼女の文章を読み直し、勝手に励まされたものでした。
いつかお会いしてみたいと思っていたものの、なかなか切り出しにくく、「迷惑かもしれないしね」などあれこれ考える(よくあれこれ考えすぎが欠点とも言われますはい。)
あることをきっかけに勇気を出してお誘いしてみたのでした。

場所は確かな舌と勘をお持ちの彼女に選んでいただきました。

L'Artisan de Saveurs
72 rue du Cherche Midi 75006

彼女は子羊、私はお魚料理で。出てきたのを見ると、素材が以外にアレンジされていてうれしい驚きでした。
私のは白身のお魚でかにの風味のふんわりムースを巻いて、輪切りにしたものが、これまたかにみそ風味のソースが引かれた上に美しく並べられています。
横にはたっぷりのグリーンサラダ。
彼女のは春巻き風。コレも驚き。そしてたっぷりのお野菜つき。
デザートは彼女はナッツのタルト、私はチョコレートのタルト、どちらもメニュに含まれております。甘いものはちょっと苦手なのですが、あまり甘くなくて上品な味。でもお腹がいっぱいでギブアップ~~(ああああ。ごめんなさい)。
詳しくはEmiさんがブログで写真つきでお書きになっております。そちらもどうぞ!
おいしかった!あまりいろいろ食べ歩いていないし、素人なのでうまくいえません。が、素直においしかったです。
サロン ド テなのでお茶もいっぱいあって、私の大好きなラプサン スーチョンも。迷わすコレにしましたが、もっといろいろ試してみたいと思ったのでした。
彼女の頼んだ「ノエル」も惹かれるネーミングだったなあ。
お店の雰囲気もあたたかく、サービスも程よい距離感で居心地のよい空気に満ちていました。すごいよいところをおしえて頂いちゃった!

ハイ、ここからはちょっと語ってますよ~。
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-21 08:46  

ノエルデコレーション

さてさて、いろんなことに気を取られているうちに、すっかりノエル付いてきたパリ。
散歩もますます楽しくなってきます。 寒くったってへっちゃら!
仕事帰りにもわざわざ寄り道していろんなところを歩き回り、華やかなデコレーションに目を輝やかせる毎日。
おかげで普段、あまり行かないところへ足を伸ばすことも。


c0032799_5153658.jpg




この、クリスマスツリーが繁る場所はどこでせう??

More
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-16 05:22 | お散歩  

友達の存在

週末。パリでお友達になった方がお家に来てくれました!
穏やかで清楚な雰囲気が素敵な彼女に出会って間もないのですが、合うたびにとてもホッとさせていただいているのです。

ということで本日、家でランチを食べてもらおう!と。
今日は日曜日なので、近所のマルシェ通に買出し。狩シーズンにはいって、野鳥やらウサギやらがつるされているのが目立ちますな。しかし私の料理の腕はそういう高度な技術を要しそうなものは無理~。 と、寒くなっておいしくなってきたカブを使った前菜、メインは焼くだけでおいしい、そして無難なお魚に決定。

待ち合わせの駅まで行くと、彼女はなんと白いバラの花束を片手に、いつもの笑顔で登場。
ああ、ほっとするよ~。白いバラが似合うよ~。

日曜日特に大忙しのムーラン ド ヴィラージュでバゲットをかって、おうちに向かいます。

お家に着くと、何時も他人が来ると隠れてしまうフィロ、なんと彼女とは余裕のご対面。やっぱりやさしい人はわかるのね!

さて、今日のお昼ですが:

カブと生ハム、モッツアレラの温かいサラダ
しゃけとフヌイュのオーブン焼き
ルッコラとグレープフルーツの冷たいサラダ

どれも簡単。久しぶりにワインもあけて、ボン アペティ!

家人は久しぶりに話す日本語に実は緊張の面持ちだったのですが、彼女の癒しパワーに結構饒舌になっていました。
とっても楽しいひととき。こうやって食べるご飯はおいしいなあ。
おしゃべりが忙しすぎて、写真取るの、忘れちゃった。

彼女とはあって本当に間もないのですが、空気が同じというか、なんだかずっと前から知り合いだったような(ずうずうしいか...でもそう思っているの)不思議にうれしい出会い。こういうことは結構人見知りな私にはとても稀で、ラッキーだと思う瞬間なのです。
c0032799_6501889.jpg
おかげでちょっと疲れ気味だったところすっかり元気になりました。
いつもありがとう。そしてこれからも宜しくね。

頂いたバラ、気持ちを浄化してくれてます~(笑)。
[PR]

by micro_mimi | 2005-12-07 06:52 | 日常生活