<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

コーヒー味のお茶?か、これは?

もちろんお茶も大好きだけれど、朝は珈琲。
これが無いとだめ。

休日の朝は、大きなカップに2杯は飲み干す。エスプレッソではなく、アメリカン。
一杯目はベッドの中で本をぺらぺらめくったり、雑誌を眺めたりしながら。
2杯目はこうやってPCに向かいながら、または家事の合間に。

基本的に朝だけの楽しみなのだけれど、偶に夜にも珈琲が飲みたくなって、でもそうすると寝付けないので困るときがある。
先日、解決策を見つけました。
c0032799_17134215.jpg

リプトン発、”メキシック”。
シナモンと珈琲とモカの香りがもうたまりません~。
コーヒー豆が少し入っているのだろうけれど、珈琲を飲むよりもずっとカフェインは少なめなのでしょう、ちゃんと眠れます。

ニッキ飴が好きな人は気に入るかも?
そしてフィロにはちょっと、大人すぎる味かも?
[PR]

by micro_mimi | 2005-10-29 17:15 | マイブーム  

親の心、子知らず

今朝、すっごく早朝に父から電話がかかってきました。
彼は実に恥ずかしがり屋で男は黙っているもんだ!というタイプで、結構厳格。
私と話すのはいつも母の役目で父自ら私に電話をかけてくることはめったに無かったので、それはそれはびっくりしてしまいました。
まさか母に何かあったのでは!と。
遠くに住むものの宿命でもあるのですが、こういうときはドキッとしてしまいます。

結果は「ただ声が聞きたかっただけ、だ。」
ほっとしつつ、なんだかジーンとしてしまいました。

彼は実はかなり心配しているようなのです。
やっと娘が日本に戻ってきた、と思ったのもつかの間、また今度は言葉もわからない、というか、なんだか全体的によくわからない国フランスに行くことになって、
ヨチヨチしたまま10ヶ月でフランス人に混じって仕事を始めた、何にも考えていないような娘を心から心配しているようなのです。

仕事はどうだい?という話。
ソレはまあ、始めたころは正直、気が騒いでかなりくたくたでしたが、仕事自体は好きなことなので楽しいし、夢中になり過ぎて家事が滞るところもあるけれどまあ、元気でやってますよ、
かえって居場所が出来たってかんじでうれしいです、まあしいて言えばフランス語での普通の会話(ジョークとか)にうまく入り込めないのがちょっとさみしいぐらいかなあ、
あ、あとフランスのコンピュータのキー配列が違うのでイライラするけど、まあだいぶ慣れました、なんて、
「まあ」を50回ぐらい連発しつつ報告と他愛のないおしゃべりを15分ぐらいして、それじゃあまた、と電話を切りました。

きった後、ちょっと胸が熱くなって、ベッドに戻ってフトンを頭からかぶって、出てきた涙をごまかしました。
お父さん、お母さん、フランスはそりゃいろいろびっくりすることもあるけれど、ソレがまた面白い国です。私には水があっていると思います。よかったです。
ギャーギャーあわてたり騒いだりもするけれど、愉快な毎日です。
親孝行、なかなか出来ないでゴメンナサイ。わたしはげんきです。今度一緒に温泉いこうね。
長野に誰にも秘密のいい温泉があるの。

c0032799_16513313.jpg

ありゃ、秋になると、どうしてもちょっとおセンチになりますねえ。あ、もしかしてお父さんもちょっとおセンチだったのかな?
恐るべしDNA。
[PR]

by micro_mimi | 2005-10-23 16:39 | つぶやき  

秋の夜長

突然ですが、毎日の元気を養うために欠かせないこと、ありますか?

私の場合、歩くこと。
だから通勤法は徒歩。
最低朝、30分。夜、30分。体のため、というより、精神のためかなあ。
普段は(出来るだけ)何も考えず、ひたすら歩くだけなのですが、
逆に思いつめることがあるとき、集中して考えたいことがあるときは回り道をしたりして更にひたすら歩くと、ふっといい考えが思い浮かんだり。
これは私の一日に欠かせない、大切な独りの時間となっています。

もうひとつ、帰宅後ほっとする一時、最近すっかり気に入っているのがこちら。

c0032799_454417.jpg


茶香炉。

ほんのり湿らせたお茶の葉やハーブを熱して、香ばしい香りを楽しむというもの。

日本を発つとき、お餞別に頂いたものですが、いやはや、なかなかよろしゅうございます。
前からオイルを使ってのアロマセラピーはよく生活に取り入れているのですが、お茶、というのは驚き!
焚いていると、東京にいたころ住んでいた近所の御茶屋さんが偶に店頭でほうじ茶を炒っていて、その香りが商店街中に漂うのが大好きだったなあ、と思い出します。
蝋燭のほんのりとした明かりも癒し効果満点!

その横にあるのは泥パック。海草入りやハーブエキス入りなどいろいろあるのですが、私は敏感肌にも優しい穏やかなタイプ。
これ、なんとピンク色なのです!装着しているところをお見せできないのが、んー残念。
茶香炉のほのかな灯りと香ばしい香りに包まれて、泥パックにまみれたピンク顔でとろけている私を想像ください(笑)。かなり危険ですが、はい、夢見心地になります。

コレに前に紹介したカカオ99%の、にがーいチョコレートと(寒くなるとカカオ熱復活!)大好きな本たちがあれば、長い秋の夜、私は幸せ~

散歩と茶香炉とカカオパワー。おまけに泥パックで毛穴の掃除。これで明日も笑顔です。
[PR]

by micro_mimi | 2005-10-21 05:00 | マイブーム  

お茶の友は...

なんだか寒いパリ。でも寒いの大好き!の私にはうれしい毎日。
最近は外から戻ると必ず熱い紅茶を入れます。
今の時期は熱々のさわやかな香りのダージリンを澄んだ空気の中で頂くのがおいしい。

そして読書。

c0032799_6101734.jpg


もうぼろぼろになるまで何度も手にしている、「センセイの鞄」。
何度読んでも、ラストでお涙頂戴。あああ、なんと切ない~。
独りベッドルームで「ウヲーヨヨ」と泣いているのを発見されて、何度家人に心配かけたことか。
微妙なところを詳しく説明するのが大変難しい話なので、なかなかわかってもらえないけど。
ちなみに私はお風呂でも読書派なので、好きな本はもう本当にぼろぼろです。
江国香織さんの「流しの下の骨」とかもぼろぼろです。鬼平犯科帳も。はい。
後は小川洋子も好きです。彼女の作品は、フランスでも翻訳されていて、仏友人の中にもファンがいたことにびっくり!いたしました。
もう少し言葉に慣れたら、是非フランス語で読んでみたい。

そして今日はうれしいサプライズが!

More
[PR]

by micro_mimi | 2005-10-01 06:12 | 日常生活