カテゴリ:未分類( 29 )

 

日本に帰国中

やっと休暇で日本に帰国中です。
今回は一人、家人はおいてけぼり(笑)。2週間ほど、実家でのんびりの予定です。

実家は温泉に近いので毎日入ってます。極楽じゃ~
他の国に住んでいて一番恋しくなるのは実はこの温泉なんです。何しろチビの頃からはいってますんで。産湯も温泉だったので(笑)。

後は毎日本屋と図書館めぐり!しばらく帰ってきていないと、大好きな日本作家の作品が一杯溜まっていてもう嬉しくて嬉しくてとまりません。今滞在4日目ですが、6冊読波、今日もまた5冊仕入れてきました。うしししし。 お風呂でもコタツでもトイレでも読みまくりです。


テレビはすっかりわからなくなっているのですが、世界不思議発見はまだやっているらしいので日曜日が楽しみです。後サザエさん。

あと、今回はまっているのが健康茶。ヨーロッパのハーブティって、結構香りが強くて、たまになら美味しいと思うのですが毎日は飲まないんです。その点日本の番茶や健康茶って香ばしくって飲みやすいですね。緑茶もやはり美味しいですが、冷えるので美味しいものを少しいただいて、後はどくだみ健康茶(笑)。どくだみ茶片手に梨木香歩。渋すぎる。


実はまたイタリア行きたいなあとかギリシャいいなあとかいろいろ考えたのですが、帰ってきて大正解。すっかり骨抜き…。こんな心からリラックスしているのは本当に久しぶり。
南の海やヨーロッパ諸国も面白くて良いけれど、今の私にとって一番の癒しリゾートはなんていったって日本の実家なのね、と温泉でふやけながら考える次第なのでありまする。
さて、いま12時半。これからひとっぷろあびてきま~す!
[PR]

by micro_mimi | 2008-01-18 12:34  

参考にしている本その2.

さて、ここではロンドンに来てここ数週間のうちに、書店という書店に立ち入って見つけ出した、3冊を紹介です。

1. 'Hip Chick's guide to Microbiotics' by Jessica Porter

マクロビオティックの本。最高に面白いです。今までのちょっとカチカチにまじめで堅苦しそう。。。ちょっと違反したら鉄拳飛んできそう、なんだかとっつきずらいなあ、という私のマクロビオティックのイメージを一掃。友達に話を聞いている感じで笑いながらすいすい読めちゃいます。
その上きちんと基本以上にマクロビオティックの仕組みや概念、変化の過程、注意点、落とし穴(陽になりすぎとか、がちがちにやりすぎてしまうことなど)、をしっかりカバー。
アメリカ人の筆者はもともとばりばりのアメリカンな食事(肉、砂糖、ジャンク)からマクロビオティックのシェフ&講師になった方で、だからこそ普通のアメリカ人の視点で初めてマクロビオティックをはじめる人の不安(変なアジアの宗教じゃないの??とか海草食べるってどういうことよ!とか)や絶対無理!と思っている人を友達のようにやさしくおかしく自分の経験を交えながらお勧めしてくれるので、原理だけを淡々と書いている本よりもずっとマクロビオティックが身近に感じられる。読み終わって「ふーん、やってみようかなあ、」と思わせてくれるくれる1冊。

2. 'You are What you eat' by Gillian McKeith

これはマクロビオティックのホンではないです。が、栄養学の専門家が書いている本で、ホールフード、オーガニックを基本に動物性たんぱく質を減らし、未精製の穀物や豆、野菜中心の食事を勧めています。
本のタイトルは筆者の干すとしている英国人気テレビ番組からそのまま取ったもので、そのテレビ番組では食生活がめちゃくちゃでオーバーウエイトなひとのダイエットを食生活を変えることでサポートするというもの。同名ブランドの栄養補助食品や雑誌なども出始めて(しかも全てに顔写真入り)、かなりビジネスマンとお見受け(笑)。
というイメージが強かったので、彼女のマーケティングの一種かなあ、TV番組同様やせるために書かれた本なのかなあ、だったらやめようと思ってぺらぺらめくってみただけなのですが、さすが栄養学者、あくまでも科学的アプローチで穀物や野菜たちをナニによいのか、栄養学的に説明してくれるので実に明快。
マクロビオティックという言葉は一言も出てこないし、勿論陰陽や哲学的な説明はなく、あくまでも栄養学的アプローチ。しかし味噌、しょうゆ、くず、豆腐、そして海草などもしっかり紹介していて、かなりマクロビオティックに近い食事内容。しかも科学的によことを証明してくれているのでうれしい。
レシピもマクロビべーすでおいしそうなものが乗っていて実に参考になりました。
サプリメントや生のフルーツ&野菜摂取がマクロビオティックよりもずっと多い(ジュースなど)のはきっといままで長い間かなり荒れた食生活をしてきた人を対称にしているからなのかしら?


3. ' Food and Healing' by Annemarie Colbin

購入して3日、すばらしい!本。
食べるものは体を直す、全ての食物は薬、という視点でマクロビオティックをはじめ、、生で食べるハイジーン、炭水化物抜きなどいろいろな食事法を生理学的に分析。
陰陽にも触れていて、拡張性、伸縮性、調理法の食物に与える影響などマクロ的な考え方もしっかり説明。更に食物の酸性アルカリ性、食生活を変えたときにみられる体の対応(毒素の排出に伴う病状)、砂糖や牛乳の体に与える影響なども科学的にばっちり説明。
あくまでも平等に様々な角度でいろいろな食事法を分析した結果、かなりマクロビオティックに近いスタイルで、後は人によって肉を食べたり食べなかったり、穀物の量を減らしたり、特に女性と男性、運動量の多い人少ない人など個人の違いを尊重してあえてマニュアルは作らず、自分の体と対話市ながら体調を整えるという考えを挙げています。
ここでは語りつくせないほど奥が深い内容。出来るものなら翻訳出版したい!と思う一冊です。

さて、だらだrと語らせていただきました。お付き合いありがとうございました。
[PR]

by micro_mimi | 2006-10-23 22:25  

映画日和

今日は一日降ったりやんだり!

だから朝はゆっくりベッドの中でコーヒーのみながらノンビリ本を読んで、掃除をして、ヨガのビデオを見ながらストレッチして(最近はじめたんだけれど、以外に疲れる。年かしら。)、それから近所の市場へ。
日曜日だけオーガニック市が開催されるのです。
大好きな果物屋さんがあって、今まではベリー類をいっぱい買っていたんだけれど、もうさすがに旬を過ぎたらしく、今はりんご、梨が。
お勧めの取れたてりんごを買って、他にもセロリとにんじん、カリフラワー。あったかいポタージュが飲みたくて。

2時に友人たちと映画に行く約束をしていたので、家人共々レスタースクエアに急ぐ。
みたのは「World Trade Center」。
なんだかすごかった。まあ、オリバーストーンフィルムらしく「これでもか」っていう盛り上げ方なんだけれど、人間のはかなさと愛する人と一緒にいられる喜びを再確認しました。
いやあ、こうやって安全に過ごす時間を当たり前に取っては、いけないです。

なんだかしんみりした気分のまま、すっかりお昼を食べ逃したので市場で買ったりんご(私何時も鞄にりんごが入っているのです、非常事態のために)をかじると、なんだかちょっとすっぱいシンシンする味がしました。

家人様。今までイライラすると当たってしまって、すねたりもしてゴメンナサイ。もっとやさしくなります。気をつけます。

お家に帰って、夜は気分転換にトトロをみながら熱いポタージュを飲みました。
何度みても、心が芯からホンワカする映画です。
これで何とか、ゆっくり平和な気分で眠れそう。おやすみなさい。
[PR]

by micro_mimi | 2006-10-02 06:06  

ひそかなもくろみ

ロンドンのアパートは、パリの時より若干小さめ。

しかし家人は何でもとっておきたがる人(家人いわくフランス人はものを無駄にしないのだそう)。
私はといえば極力ものがないのが好きな人(私に言わせれば使わなければ結局無駄)。

引っ越すに当たってこの辺が一番バトルの火花が散るところなのですが、「ロンドンは今のところより小さいんだから!」と、今回は私が賞杯を揚げました。
いらないものはババーン!っと処分して、必要ないけれど取っておきたいものはパリの実家のカーヴに…おかげですっきり!

家人も「ああ、なんだか気持ちがいいねえ」とまんざらでもなさそうです。
こういうの、日本語で「すっきり」っていうのよ!
と、ばっちり日本語レッスンも。
と日本語教育に見せかけ、だんな改造計画???うっしっし。

c0032799_556375.jpg


朝のジョギング兼散歩コース、近所の公園にはバラ園があって、現在秋咲きバラが満開。
近くを通るだけでいい香りがふわーって。幸せな気分になるのでござります。
「一本もらってもばれないかな」
と、走りながら何時も思うのですが、まだ実行に移してません(笑)。

だって、家にお花があるといい感じなんですもの。
[PR]

by micro_mimi | 2006-09-28 05:56  

mousukoshi

Sorry, it is taking me so much time to set-up internet, and I can't find place to type up in Japanese!

Mousukoshi, omachikudasai!
[PR]

by micro_mimi | 2006-09-06 19:29  

HI!

London ni buji tukimashita!

Mada Internet ganainode roman-ji de shitureishimasune.
Iroiro ochituitara koushinn shitaito omoimasu.
Comment no Ohennji, cyannto nihonngode kakitainode sukoshiokureteshimaimasu...
Sukoshi omachikudasai ....

dehadeha, goaisatumade.

MIMI
[PR]

by micro_mimi | 2006-08-25 19:00  

ニュース

大変ご無沙汰しておりました。とてつもなく長いお休みになってしまいました。
独りでじっくり考える時間が必要だったのと、公私共に忙しくなってしまったこと(忙しいって言う言葉、きらいなんだけどさ)。
書けば長くなるので、結論から申しますと、

ロンドンに引っ越すことになりました!
[PR]

by micro_mimi | 2006-08-15 17:53  

抹茶ケーキ

つくってみました。

恥ずかしいけど、こちらです。
c0032799_5513849.jpg


大きいのと小さいのをつくって、こちらは小さい方。夫の誕生日用。
カップケーキの型でつくりました。

小さい方はうまくいったのだけれど、大きいの(パウンドケーキ型)は自分としては失敗。
ぷくーっと膨らんで、その後オーブンから出したらぺチャッっとつぶれたの。
ショック~!
...でもさめたら結構おいしそうだったので予定通りオフィスに差し入れ(実はかなり前からせがまれていた。なぜだか抹茶ケーキは日本のものだと思われているようで)。
味は結構おいしかったようです。私には甘すぎのレシピですが、フランス人受けはしました。
夫もおいしいと、喜んでくれたのでまあ良しとしましょう。

??年ぶりのお菓子作りは大奮闘。でも結構楽しかったのではまってしまうかもしれません。
[PR]

by micro_mimi | 2006-03-09 05:56  

夜のパリ散歩、そしてすごい偶然

土曜日は久しぶりに長い散歩をした。

忙しいという言葉はあまり好みではなく、特に仕事が忙しい~を言い訳にするのはできるだけ避けたい。
しかし、この数週間、冗談抜きに忙しかった!

朝、起きてコーヒーを飲んで暗いうちに家を出、帰ってきたらバタンキューといった生活が続き、しかも週末は休むまもなくやれノエルだ、正月だ!と。
それなりにわいわい楽しいのだが、私は1人の時間が必要な上、不器用なので、こういう生活が続くと息が出来なくなる。
いや、実際にはしてるのだが、呼吸が詰まったようにあたふたしてしまう。世間の人たちは、ちゃんとやっているのに。いやあ、すごいですね、皆さま。

ということで、やっと落ち着いてきた金曜日、お風呂から上がって文字通り、ばたんと倒れた。
そのまま眠ってしまったらしい。気がついたら布団に入っていた。ついでだからそのまま、また眠りについて、おきたら土曜日だった。

たっぷり眠ったので元気が回復していて(我ながら見事に単純だ)、たまっていたやることやった後、ぽかっとあいた午後後半のことだった。

More
[PR]

by micro_mimi | 2006-01-09 03:17  

年越しごはん

今年はまったり、静かに新年のお祝い。
近所のブラッスリーでお夕飯。

最近カキが食べたくて食べたくて。

c0032799_782876.jpg



メインは小鹿のロースト。
c0032799_792860.jpg

焼き加減が最高で、少し癖のある肉とざくろのあまづっぱさが絶妙~
ジビエって、くせになるう。

甘いもの大好きな家人は、デザートも忘れません。
大きなシューの中は、アイスクリーム。
c0032799_7155998.jpg

完食。す、すごい。

真夜中、シャンパーニュでカンパイ。

去年駆け足だったから、今年はゆっくり、フランスでの人生たのしもうぜ!
なんて話しましたが、こんな私たちですのでどうなることやら(笑)。

今年は落ち着いて、丁寧な生活がしたいです。
[PR]

by micro_mimi | 2006-01-06 07:18