ささやかな贅沢

わたくし、「これがないと生きていけない!」という食べ物はないのですが、
それは、「これがあれば生きていける」という大好物があります。
それは黄な粉。
黄な粉もちとかじゃなくて、黄な粉、そのままです。はい。
一日これだけ食べてても大丈夫でしょう。自身あり。砂糖などは入れません。でもすこーしだけ塩を入れます。海塩より岩塩が合う気がする。
でもこれって結構贅沢だったんです、アメリカでもフランスでも日本に行ったときにいっぱい買っておいて大切に大切に食べたり、日本食品店にいって馬鹿らしいほど値が上がったものをかったりしていました。

ところが!
ここにきてすばらしいものの存在を発見いたしました。
それは「大豆粉」。
Soyflourとして自然食品店や健康食品店で、あまり人が訪れないような棚にひっそりと並べられていたのを発見した私は早速購入。
うちに帰ってあけてみると、うーん、黄な粉よりもずっと粒子が細かく、大豆の青臭さが残っていて香ばしくない。ちょっとがっくり。
しかし、あきらめてはなりません。黄な粉になれる可能性は十分にひめている! 
ここで私が打った行動は、「煎ってみる」。
きっとこの大豆粉って言うのは、生の大豆を引いたもの。小麦粉と一緒の原理なんだとおおもう。一方黄な粉って焙煎した大豆を挽いたものでしょ?だったらすでに挽いてある大豆を煎ってみる!という単純発想。
これがいけるの。黄な粉よりかなり細かく挽いてあって(小麦粉と同じレベル、シルキー)荒くてざらざらした舌触りが好きな私としては100点はあげられませんが、OKです。
そのときの気分によって、浅いりにしたり、深入りにしたり。これをすると部屋中香ばしい香りでいっぱいになるんですよ。

家人によると、「乾いたピーナッツバター」みたいだそう。上あごにへばりつくとことか(笑)。
あまり人気ではないので、独り占め。
そんなわけで最近は黄な粉三昧。ああ、幸せ…。
[PR]

by micro_mimi | 2007-10-14 18:32 | おいしいもの  

<< ねむい 朝のバゲットは競争率高。 >>