公園にて春一番

雹が降ってから数日お天気悪かったのですが今朝は太陽が出ていてよい気持ち。
なのでモンソー公園にお散歩に行きました。
この公園は、小さくもなく大きくもなく、手ごろな大きさで、緑がたくさんあり、いいにおいがします。 空気がよい気がするので落ち着きます。
近くに私立の幼稚園や小学校があるので、10時ごろになると、くるくる巻き毛のかわいらしい子供たちがお散歩に来ます。

そしてジョギングの人もいっぱいいるのです。
パリではみんなタバコスパスパだし、食事は重いし、呑むし、夜更かし朝寝坊なイメージがあったので最初、これはちょっと驚きでした。
でも付き合ってみると、生粋のパリジャンたちは最近かなり健康に気を使っている模様。
女性などもワインはあまり飲まないようにしているし、ジムに通っているなんていう方がちらほら。ニューヨークの影響か?

それはそうと、今日は公園でクロッカスを発見しました。
最近色が濃くなった緑の芝生に、なにやらムーミンのニョロニョロ(だっけ?)のようなものが…
「パリにもつくしんぼうが??」と思いきや、それはクロッカスのつぼみでした。
よく観察すると、あちこちに群生している。
なんだか昔大好きだったロシアの絵本に出てくる、春の訪れみたいでうきうきしてしまった。
そういえば日本は私の大好きな梅の花が咲いている時期、もうすぐ春だなあと、思った朝でした。
かわいいの、早く咲かないかなあ。
この公園しばらく通いそうです。
[PR]

by micro_mimi | 2005-02-15 19:42 | お散歩  

<< バゲットつまみ食い 空から氷が…あ! >>