私、どうしちゃったの??

「参考にしている本1,2」を読まれて、「MIMI、どうしちゃったの!?」とか「MIMI、まさか重い病気なんじゃ…」、「今までとは別の人が書いているんじゃ」など思われた方(笑)、ご心配なく。私自身はいたって健康です。
ただ、偶然出合った本たち、経験談、そしてもともと食に関して欲張りなことも手伝ったのでしょう、興味がわいて実際にちょこっとずつ食事を変えてみて、その威力を身をもって経験、びっくりついでに、もっときちんと調べて、これからの生活に生かしたい、とおもッた次第です。

もともと甘いものは好きではなく、お肉もそんなに食べなくても平気だし、アメリカにいる間になぜか野菜がすっかり好きになっていたのでガラッっと食生活が変わったわけではありませんが、
大きな変化は玄米ご飯を食べるようになったこと。
小さいころからご飯(白いご飯)があまり好きではなく、食べるならパン。母もそうだったのであまり怒られませんでした(笑)。ぱんも白いふわふわではなく、ずっしり重いライ麦パン計が大好物。
今もパンは大好物で楽しく頂いていますが、そのほかに玄米ご飯をたまに炊くようにないました。
最初、「ううう、ごはんだ…」と気が重かったのですが、パクッっと口にに入れてかんでいるうちに「。。。おいしいじゃん?」
びっくりしました。
胃が慣れていないらしく、よーくかんでもお腹が重くなって、すぐお腹がいっぱいになってしまうのがちと残念なのですが満足感は大。
今は毎日食べているわけではないのですが、体が「玄米ご飯食べたい」と思うときに食べています。不思議なことに回数が増えていっています。
後は豆料理のレパートリーが増えました。和食で豆というと、甘く煮たものか、大豆製品のイメージが強いのですが、西洋ではスープやキャッセロールにしてよく頂きます。ここでは前回ご紹介した’Hip Chick's guide to Macrobiotics’ や'You are what you eat' のレシピ、他のベジタリアンクックブックが大活躍!そのうちちょくちょくブログでもご紹介できればと思います。
お肉もお魚も、食べたい!というときは抵抗なくがっつり、おいしく頂きます。昨日は家人とお昼飲茶を頂きましたよん!大満足でした。
ただ、玄米や豆料理をおいしく頂くことによって、お肉食べたいと思うことが少なくなりましたね。確かに。

私がマクロビオティックやベジタリアンという考えに対して、なるほど!と感動し、納得~と思いつつ、今ひとつ踏み切れなかったのはぴんとこなかったのは、そういう食べ方をなさっている方々の中で偶に「肉も魚も卵も絶対食べない、そういうやり方が一番で人たち以外とは付き合わない」とか、「本に書いてあったからこうしなくちゃ、出来ない人駄目!」などの意見を耳にしてしまい、せっかくすばらしい論理なのに、これでは楽しくないなあ、ちょっと悲しいなあ,と思ったことがあるからです。
ポリシーを盛って、自分が生き生きとできる食生活を送っていらっしゃることはとっても尊敬できるけれど、ソレが一番で他の人にも同じ意見を押し付けようとしてしまうのは如何かなあ、と。
生き方、感じ方、人それぞれなのですから、そのひとにそのとき本当に必要な食べ物はその人の体が一番よく知っているはず。本当に肉が食べたい、卵が食べたいと思っているのならおいしく頂くことが一番だと思うのです。

ま、こんな適当なやりかたなので、胸を張って「マクロビオティックやってます」とはいえないのです。きちっと行うマクロビオティックは、病気のほかに、哲学的、精神的な強さが必要なときは非常に効果的だと思うので、そのときは是非きちっとやってみようと思います。今の段階では、ホールグレインの威力を感じて少しずつ起こる変化を楽しむ…禁止事項もあえて作らず、体の声を聞きながらゆっくりゆっくりと自分にベストなバランスを見つけていけたらと思います。

これからはブログでも、今までの私の日常模様と合わせて食生活を通しての経験や、変化、レシピなども徐々に書いていきたいなあと思っているのですが。

お付き合いいただけたら幸いです!
[PR]

by micro_mimi | 2006-10-24 00:43 | つぶやき  

<< 散歩は驚きの連続 参考にしている本その2. >>