何気ない、普通の、でも好きなことをする。

夕べ久しぶりに小説を読んで泣いた。

小川洋子の「博士の愛した数式」。

こちらの友人に薦められて読んだのだけれど(仏語訳されてます)、なんだか心を直になでられた感じ。考える前に感じてしまった。涙が出てきてびっくりしたら、あわわと思ううちに止まらなくなった。
 
ひとしきり泣いたらなぜかホッとして、ゆっくりお風呂に入った。
ざくろのエキス入りのバブルバス。お供はペリエ。大好きな緑のボトル。
ぱちぱちはじける泡。お腹がパチパチ、くすぐったい。
その後春用の明るい、新しいベッドカバーに包まれて、ぐっすり眠った。

ゆっくりと、時間をかけて大好きな読書とよい香りのお風呂を味わったおかげで、パワー回復。
今日はこれからジムに行ってきまーす!体は資本ですから。
その後久しぶりにぶらぶらお買い物にくり出す予定。珍しく、ショッピングモードなの。

私の元気の源は、こういう何気ないこと、でも絶対欠かせない時間。
週末は、こういう小さな幸せを求めて、どうしても欲張りになっちゃいます。
[PR]

by micro_mimi | 2006-03-11 21:35 | つぶやき  

<< 日曜女の子ランチ。 抹茶ケーキ >>