居心地のよい空間

明日火曜日は休日!というハロウィンの月曜日。
なんだかウキウキするこんな日は、オフィスを早めに出て久しぶりに夜のパリを散歩しよう。
そしてお気に入りのあそこへ,おいしいものを食べてまったりしに行こうっと。

あそこは私だけの秘密の場所なんだけど、仕方ないなあ、相棒も連れて行ってあげるね。
ということで月曜日もしっかり休みを取り、連休体制のちゃっかり者家人と待ち合わせ。

c0032799_6264321.jpg
待ち合わせはヴォージュ広場。オフィスからぶらぶらとマレの方向へ。
それにしてもこの日のマレ、なぜかすごい人人人!!
邸宅風美術館を抜けて、待ち合わせ場所に、時間より早く私。やっぱり遅刻の家人。
独りベンチでボーっと待ちぼうけ。廻りはすっかり秋模様。

無事に落ち合って、そのまま左岸へ連れて行きます。
ふふふ、マレと思わせておいて、お目当てのカフェは実はオデオンの近くなのさ
(って、本当は私がマレを歩きたかっただけ)。





居心地のいい空間で、自分の時間をっくり過ごせるのが、私のいわゆる「カフェ」の条件。

その点をカバーしていれば、パリらしいとか、おしゃれな雰囲気とか、それこそ「カフェ」という名称にもこだわらず、その点スタバもOKな私(これ結構顰蹙かうの...あれえ?どこの国でも回りを気にせず、結構ゆっくりできると思うんだけど)。
ですがこの日選んだのは、本当に取って置きの場所。 
パリに来て間もないころ、ど寒い中一人で散歩中に疲れはて、ふらふら~りと入ったところで、以来すっかり気に入っているのです。
家からちょっと遠いので、忙しくなるとなかなかこられないのが悩み。この日もかなり、久しぶり。

大好物の鳥の燻製ののった一皿。ふふふ、私は燻製物に目がないのです。
ここのはジューシーで、それでいてしっかりスモーキーな香りが利いていて、んんー相変わらずおいしい! 感動して写真、取り忘れました。
そしてここのパンは手作り。実は日によって発酵が弱くって「硬!」っていう日があるのだけれど、素朴で私好み。
置いてあるワインも丁寧に説明が書いてあって、決して高くないけれどこだわりが伺えます(よくわからないので想像ですが)。
c0032799_6261030.jpg


お茶の種類も多く、甘いものがお好きな人はデザートもきっと気に入ると思いますよ。ちょっと変わったものが多い気がします。
たとえばこの日相棒が頼んだデザートは、「洋ナシとへーゼルナッツのタルト」。

c0032799_6292015.jpg
ってよくあるじゃない?とおもうでしょう?でもナッツが細かいパウダー状になっていて、それを練ってタルトに敷いて、洋ナシを乗せて焼いたという感じ。
ナッツの部分は甘くなくて、ねっとりしていて香ばしく、黄な粉??みたいな味。洋ナシの甘さが上手にマッチ。ほろ苦くって、ちょっと甘いものが苦手な私でも感動しました。
一言、「秋!」って感じです。
相棒は想像と違ったみたいでびっくりしていましたが...

食べ物もおいしいのだけれど、とにかく居心地が最高!
もとは本屋さんだったらしく、今もだったらしくたくさんの本が置いてあり、まるで本好きな人のお家に遊びに来た気分でノンビリおしゃべりが楽しめるです。

場所は...どうしようかな~教えちゃおっかな~
えい!

c0032799_631149.jpg


カードも、かわゆいのです。

La Fourmi Ailee
8 rue du fouarre 75005
01 43 29 40 99
[PR]

by micro_mimi | 2005-11-04 06:37  

<< 恐怖の金曜日 コーヒー味のお茶?か、これは? >>