心があったかい。

夕べは家人の古き先輩カップルのおうちでごはん。
私は結婚式でバタバタと少し挨拶しただけなので、ドキドキ。実はプライベートではかなり人見知り(!)。
彼はずっとアジアに住んでいたこともあっておだやか~な空気を漂わせ、ゆっくり考えながら静かに話します。
家人のほかにもこういうフランス人は存在するのだねえ。空気がそっくり。
類は友を呼ぶ。まさにこのことなり。

笑顔の優しい彼女はニース出身で、彼と一緒に住むためにパリに移ってきて2年だそう。
「フランス人の私でさえ、こっちにきて暫くは、パリって絶対住めない、無理~って思ったけれど、なれると楽しいわよ」と、いろいろ教えてくれて、私の話もいっぱい聞いてくれて、女性同士すっかり話が弾んでしまいました。
こっちの国に来て、こうして話し込める人に出会ったのは初めてで、なんだかとてつもなく心温かくなりました。
お魚のグラタン、ホクホク熱くておいしかった。そしてやさしい心遣いがうれしかった。
和やかな気分になった一夜でした。
こういうのっていいなあ、友達っていいよなあ。

さて、本日ちょっと早めに帰ってくると、いつもお出迎えしてくれるフィロが出てきません。
あれ?どうしたの? まさかトイレにはまっちゃったんじゃ、と思って急いでさがしてみると...
変なところにはまっていました。





c0032799_1195010.jpg

寝てないって顔したけど、絶対寝てたね。ホラ。

c0032799_1202960.jpg

...なんでまたそんなところを選んで熟睡するかなあ?
君、生後3ヶ月にしては、なかなか奥が深いね。
[PR]

by micro_mimi | 2005-09-30 01:27 | つぶやき  

<< お茶の友は... 秋! >>