ただいま!

c0032799_2091114.jpg

2週間のヴァカンスより、夕べパリに無事帰宅しました。
行き先は、ブルターニュの田舎の家に1週間、その後アンジュの義理妹2の学生アパートに2泊させてもらって、ロワールの城をめぐりながらブルゴーニュの田舎のお家まで。そこに5日滞在というスケジュール。ノンビリゆったりの貴重な時間と新鮮な空気を味わってまいりました。
せっかくPC持って行ったのに、田舎のお家ではなかなか接続できず、またちびっ子ギャングの邪魔が入りまったくアクセスできませんでした~。残念。
2週間ぶりのネットは新鮮!

詳細はこれからアップして行きたいと思います。まずはただいまの御挨拶と、ちょっとしたニュース。




c0032799_19582883.jpg

ジャーン!
なんと我が家に猫がやってまいりました(すごい格好で失敬)!
愛称フィロ。本名フィロゾフと申します。男の子です。

なぜ?ソレは長い話なのですが...

ブルターニュの田舎のお家私たちの前に来ていた義理叔母、果樹園の倉庫に隠れていた母猫と子猫を発見。直ちに母猫と子猫3匹を捕獲し、森の奥深くに逃がしたそう。
叔母は「確かもう一匹ちびがいたはず」と言い張るが、連日皆で探してもまったく見つからず、「きっともう外に逃げた」とか「叔母の見間違いで最初から3匹だったんだ、だれも姿を目撃してないし」ということでフランス人らしく勝手に一件落着。
そして後日、私たちが到着。
一人で果樹園の倉庫に、トマトを採りに行った私。暗がりで「ビャ~」という妙な鳴き声を耳にしてびびりつつも、「コレはうわさのチビに違いない」と急いで台所からミルクを失敬。そっと置いて「みゃ~」と猫語で呼んでみる。
すると...
古い壁の穴からひょこん、と黒い頭が!
でも連日繰り広げられたフランス人たちのにぎやか(だったと思われる)な猫ハントにすっかりおびえた様子で、ちっこい体で思いっきり警戒しながらミルクを飲み始めました。おおおーお腹、減ってたんだね。
こんなことを1日数回、3日ほど秘密で行った結果漸く慣れてくれて、4日目に無事保護。
でも親猫と兄弟のいる深い森の中に一匹で放すわけにもいかず、どうしようと途方にくれました。
最初は他の人間におびえてすぐ隠れてしまっていたチビでしたが、すぐになれてくれて夫のハートもがっちりつかみ(結構ちゃっかり者)、結果私たちが引き取ることにしました。
ちゃんちゃん。

ということで、生後2ヶ月(獣医さん推測)でアンジュ、ロワール、ブルゴーニュを車で旅し、無事パリに到着したフィロ。真っ黒なのですが、クビのところにだけ蝶ネクタイのように白くなって、タキシードを着ているよう。

これから一緒にパリ生活だね。よろしくね。

皆さん、私共々今後もよろしくです。
[PR]

by micro_mimi | 2005-08-23 20:09 | つぶやき  

<< ヴァカンスその1。フランスのは... 夏休み! >>