これから

3週間前から地道に始めました。就職活動。

フランスに来ることが決まったとき、今までの会社をやめねば、という現実にぶち当たり、
「もう、いいよ、ふーんだ。」と、ぐれて、「パリではまったく新しいことを始めよう」、とか一瞬思ったこともありましたが、考え直して今までの職業で行くことにしました。やはり好きなので。

とは言ってみても、本当にこの国で適当な仏語学力で再就職できるかどうかなんてまったくわかりません。当たって砕けちゃうかもしれません。でも悶々としているより、やってみたいならやってみようと思います。





今月で語学学生生活5ヶ月目。私の場合フランス語勉強してそれで食べていこうという情熱は情けないことになく、しかしこの国で長い間、フランス人家族と暮らしていくためには避けて通れないので、まあそれなりにがんばっています。

しかし、終わりのない長期滞在となれば全体的な構図も考えつつ、他のこともバランスよく、早く軌道に乗せたいところ。 語学ばかりやりすぎていやになったら意味がない。(←残念ながらフランスが大好きとか、フランス語学科でした、と言う直球前向き理由でやってきたわけではないので、実はこれが一番怖いところでもあります。)
「そんなにあせること、ないじゃない?」といわれるのはもっともなのですが、、専門職なのであまり時間が空きすぎるのも事実危険なところなのです。出来る範囲で、なにか経験を積んでおきたい。

そんなわけでここ数週間、インタビューいろいろ駆け回ってます。
様々な人たちにお会いでき、だいぶ私の職種のこちらでの事情がわかるようになってきた。
こっちのヴィジョンもはっきり見えるようになって来た。
少しいい刺激になっているのでは? 
しかしフランス語での電話応対やインタビューは緊張~。壁は厚いですね。もーいや~(笑)。
あ、会話が始まると同時に、「7ヶ月めですから」と、さっといっておくのが味噌ですよ。笑いで会話がスムーズになります。

ついでに「とりあえず」ということで、3週間前から午前中、フランス企業でスタージュも始めました。ただ働きですがしばらく凍っていた脳みそを解凍中!フランス人と働く経験にもなってます。
午後は今までどおり学校。7月一杯はこのスタイル。
まだまだ吸収することが一杯。

私にとって、正直日本でもアメリカでもイギリスでもフランスでも、場所はあまり関係ない(あ、うそ。フランスには言語問題がある)。
どこにいても最終的な要は自分の意識の持ち方が物を言うのだ、私の場合。ここがずれなければ後はとりあえずマイペースでいける。

なーんてえっらそうに言ってみても、実際芯を通すのは大変ですよね。毎日あたふた!
なんせ、この国の就職活動は時間がかかるそうで、今始めたら今年中にまとまればいいって感じらしいです。長丁場になる予感。あせらずあせらず…
ま、学びと感謝の姿勢は忘れずに持ち続け、これから精進。
さてさてこれからどうなることやら???

PS. 
先日友人に「フランスで夏、就職活動したって意味ないよ、みんなヴァカンスだもの~」といわれました。おおお~そうじゃん!もっと早く気がつくべきだった!!
出鼻をくじかれた気分です。くう。相変わらずおっちょこちょい(笑)。マイペースにもほどがある~。
[PR]

by micro_mimi | 2005-07-12 23:09 | つぶやき  

<< 夏の野菜 なんとなーくパリ。 >>