フェットフェットフェット!その1。

ふう~!
週末ちょっと涼しくなったと思ったら、またぶり返してきました、この暑さ!
ふふふ、暑いときは祭りよお!!

ということで、2つのフェット、一つ目は…
c0032799_237594.jpg




話は古くなり、先週の火曜日(汗)。更新遅れてますね…

さて、この音楽祭はフランス全土が音楽で盛り上がる、というものらしく、パリでも町中で野外コンサートやらライブやらが行われるらしい。すごいことになるらしい。
私は勿論初体験!
最初はその実態がよくわからなかったので
「今日は仕事早く終わらせるぞ~」と意気込む主人を横目に、「なんじゃ、この人そんなに音楽が好きだったのかね?」とクールに冷したジャスミンティーをすする私。
経験してみればソレはすごいものでした。

午後7時半。早く帰ってきた家人はいつものノンビリぶりはいずこへ、ものすごいスピードで着替え、私をせきたて、いそいそとパリ中心部へ繰り出します。メトロの中もものすごい混雑!

そして着いたOdeon界隈はもうすごい盛り上がり~!ぎょえ~すごい人だぁ!
c0032799_2374519.jpg
まずはSt.Suplice教会前。夕日にほのかに染まる教会をバックに、イスラム音楽のコンサート。なんとも哀愁漂う歌声と、エキゾチックな雰囲気に息を呑んでしまいます。




c0032799_238717.jpg
ここからリュクサンブールのほうまで、裏道をぶらぶら。途中いろいろなアーティストたちが独自に演奏しているのを眺めつつお散歩。
ホラ、道の片隅でジャズピアノ。



リュクサンブール公園は残念ながら閉めているところ。よし、St.Michel通りに回ろう!

c0032799_239475.jpg
このあたりは学生であふれかえっています。あちこちでソーセージやバーベキューの屋台が出ていて、おいしそうなにおい!
バーの前ではロックバンドが演奏。踊りだす人たちも。




サンルイ島に向かって歩き、セーヌを渡るころには薄暗くなってきました。すれ違う人たちは大人も子供も、お年よりも、みーんな笑顔で楽しそう!
アフリカの太鼓やブルトン民謡がごちゃ混ぜになって、なんだか訳がわからなくなってきちゃった。
このままマレ地区へ。

マレ地区は、ちょっと大人。テクノやジャズ、サルサ、ハウスなど。
これはハウスを踊る人人人。勿論、ハウス好きの私も踊りまくりますよ~!!
c0032799_2393984.jpg

ふう、気持ちいい。お酒飲まなかったのにすっかり祭り酔いしちゃいました。楽しい時って、そうなりません?
このあたりでもう12時近くなって、これからメトロに向かいます。でも帰りたくないので、ちょっと遠くの駅を選ぶ私たち(笑)。

すごいなあ、街中こんなに盛り上がっちゃって。
それにしても多国籍。初めての経験に頭はぐるぐる、興奮冷めやらないまま帰宅でした。
こんな感じであっという間に過ぎた音楽祭。クラッシックとか、もっといろいろ聴きたかったなあ。よし来年はもっと心構えと下準備をしておこう!!

c0032799_2401379.jpg
これは帰り道、ヴォージュ広場近くの花屋さんのウインドウ。
ひまわりであふれています。パリに住んで、初めて迎える夏が始まりましたね。
[PR]

by micro_mimi | 2005-06-28 02:46  

<< フェットフェットフェット!その2。 とろけた頭で考えてみた。 >>