パリの夜に思い切り笑う。

おなか、治ってますよーん!
前回はスープの紹介をしようと思ったのにご心配おかけして大変申し訳なかったです(ペコリ)。
これにはもう慣れているので大体12時間―24時間あれば治るということも、対処の仕方もわかっているのです。しかも今回は自業自得。ばっちり家族にも怒られて深く反省(涙)。

さ、元気になったら遊びましょう(←立ち直りが早い)!!
c0032799_18474383.jpg
夕べは友人の一人が即興コメディーコンテストに出るというので応援に行ってきました。
どうやらパリには素人コメディーアソシエーションのようなものがあり、こうやってたまにコンテストを行うらしい。フランス人のアソシエーション好きは感じていましたが、こんなアソシエーションまであるなんて…。



1グループ8人の2グループで対決するのですが、舞台の上でお題とスタイルを言い渡され、2-3分グループで相談した後、題に沿ったコメディーを指定のスタイルで演じなければならないというもの。演技時間も指定。
たとえば「空飛ぶチョコクロワッサン」が題で、スタイルは「昔話」、演技時間1分とか。

いやあ、感心。凄い度胸とウィット。
コメディアン目指し、がんばってます僕たち、というならわかるけれど、みんな一歩舞台から出ればオフィスで働く普通の企業の人たち。観客は家族やら同僚やら。
素人でここまでやるというのはすごい。
B君、こんな特技があったのか。
中でも一番面白かったのは即興で歌を作って歌わなければならないというもの。
グループの一人一人が前に出て、お客さんがだした御題と同じくそのとき決まったスタイルで40秒歌う。考える時間は10秒ぐらい?
たとえば「象」をテーマに「オペラ」を40秒歌うとか(笑)。

グループは負けてしまったけれど、B君はなんと個人賞1位獲得です! 
驚いて一緒に見ていた彼女のIちゃんに、「Bはいつも家でこんなことをしているの?」と真顔で聞いてみたら、「そんな分けないでしょ!」と思い切り笑われてしまいました。 そして「あ、でも落ち込んだときとかにリクエストしたらたまにお腹がよじれるまで笑わせてくれるくれるわよ」。
やっぱり笑いって大事よね、いい感じだねえ。家庭内コメディアン、私も目指そうかなあ~。

そんなこんなですっかり夢中になり、終わったのは12時!
熱気に包まれた場内から出ると、少々ひんやり心地よい空気。たくさん笑ってすがすがしい気分。久しぶりにパリの夜散歩して帰宅しました。本当によい季節です。

写真は休憩時間に外に出たとき発見した、エッフェル塔のキラキラ。
これって思いがけず偶然みると、なんだかとてもラッキーな気分になるのです。私だけかしら?
[PR]

by micro_mimi | 2005-06-04 18:52 | 日常生活  

<< トラブルと朝の幸福 お腹がいたい、そんなとき。 >>